大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいる。それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管(くだ)でつながっている。乳がんの約90%はこの乳管から発生し、乳管がんと呼ばれる。また、小葉から発生する乳がんが約5~10%あり、小葉がんと呼ばれている。乳管がん、小葉がんは、乳がん組織を顕微鏡で検査(病理学的検査)すると区別できる。この他に特殊な型の乳がんがあるが、あまり多いものではない。

 

年齢別にみた女性の乳がんの罹患(りかん)率は30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少する。女性では、乳がんにかかる数は乳がんで死亡する人の数の3倍以上になる。これは、女性の乳がんの生存率が比較的高いことと関連している。男性の乳がんは、年間の死亡数で女性の乳がんの100分の1以下のまれながんであるが、女性の乳がんに比べて生存率が低い(予後が悪い)ことが知られている。

 

  • 乳がんの症状

 

1)乳房のしこり

乳がんは5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになると、自分で注意深く触るとわかるしこりになる。しかし、しこりがあるからといってすべてが乳がんであるというわけではない。

 

2)乳房のえくぼなど皮膚の変化

乳がんが乳房の皮膚の近くに達すると、えくぼのようなくぼみができたり、皮膚が赤く腫れたりする。乳房のしこりが明らかではなく、乳房表面の皮膚がオレンジの皮のように赤くなり、痛みや熱感を伴う場合、「炎症性乳がん」と呼ぶ。炎症性乳がんがこのような外観を呈するのは、乳がん細胞が皮膚のリンパ管の中に詰まっているためであり、それだけ炎症性乳がんは全身的な転移をきたしやすい病態である。

 

3)乳房の近傍のリンパ節の腫れ

乳がんは乳房の近傍にあるリンパ節、すなわちわきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)、胸骨のそばのリンパ節(内胸リンパ節)や鎖骨の上下のリンパ節(鎖骨上リンパ節、鎖骨下リンパ節)に転移をきたしやすく、これらのリンパ節を「領域リンパ節」と呼ぶ。領域リンパ節が大きくなってくるとリンパ液の流れがせき止められて腕がむくんできたり、腕に向かう神経を圧迫して腕のしびれをきたしたりすることがある。

 

4)遠隔転移の症状

転移した臓器によって症状は違いますし、症状が全くないこともある。領域リンパ節以外のリンパ節が腫れている場合は、遠隔リンパ節転移といい、他臓器への転移と同様に扱われる。腰、背中、肩の痛みなどが持続する場合は骨転移が疑われ、荷重がかかる部位にできた場合には骨折を起こす危険もある(病的骨折)。肺転移の場合は咳が出たり、息が苦しくなることがある。肝臓の転移は症状が出にくいが、肝臓が大きくなると腹部が張ったり、食欲がなくなることもあり、痛みや黄疸が出ることもある。

 

  • がんの再発予防

がんの再発予防のために行われる治療法としては薬物療法、術後補助療法、免疫療法という主に3つの術後補助療法があります。再発予防に当たってはできるだけ副作用がない方が良いと考えられておりますが、免疫療法の活性化自己リンパ球療法は副作用が非常に少ない治療法です。

再発予防についてはそれぞれの治療に特徴がありますので、積極的に情報を集め、主治医と相談して、治療法を選択することが大切です。