毎年、乳腺疾患で死亡の人はたくさんがあります。まだ姚貝娜という中国の有名的なスターを記憶していますか?彼女は乳腺のがんからこそ死亡しましたのです。先日、滴滴総裁の柳青は自分が乳腺癌になることを公表したから、乳腺疾患が再びウィチャットでひろく注目されています。杭州での第1の人民病院の乳腺外科部長の劉堅は、中国の乳腺癌は全世界の現在発病している人数の15%を占めています。毎年新しく発病する例は190000で、すでに女性の悪性腫瘍発病率の第一位になります。その中で、乳腺増殖、乳腺繊維腫は発病率が高いけど悪化の率が低いです。
部長の劉堅は、乳腺増殖が小葉増殖とも呼ばれて、ほとんどの場合、体内のエストロゲンとホルモンの分泌が平衡がとれないから、青年の中に多発します。ところが、乳腺繊維腫は20~25歳の若い女性が多発します。ふだん、円形あるいは楕円形でまだ有効な薬品がなくて、手術を採用するしかないのです。
産後の女性に多発するのは乳腺炎です。だから、 母乳養育は注意しなければならない。
ある調査によると、乳腺炎はよく初めの哺乳期にあった産婦がより多く発作するということです。主に不当な哺乳の方法で、乳汁は流出し過ぎて、乳腺導管の滞りなどの情況があって、細菌繁殖を引き起こすことになります。あるいは乳首が破裂したり、奇形的であり、外傷があったりなどの場合には、細菌は乳首から逆行的に乳房に入って乳腺まで拡散しますから、感染することを引き起こします。

ひとごとに言えば、乳腺疾患は女性が多発する病気で、皆自分で日常生活中によく注意しましょうか。