家の隣、孤独なおじいさん、一年中一人暮らしは家にいる、きっととても寂しいと思う、

はとても寂しい、

は一度、私は彼の家へ遊びに行って、彼の家はテレビ、1枚のベッドと1つの台所と1つの台所.私は彼がなぜに散歩して、彼はくよくよ地説:“私は古くなって、1歩進んでも長い時間でといえば、外を歩いて行くよ」.私はそれを聞いた後、いつもお供にしていますか?おじいさんはその話を聞いて、すぐにいいです!良い!良い!今はね!私は、私が困っているのは、私がいないと.すると、私は自分自身の持っている小さなラジオを取り出して、すぐに、部屋にはラジオから流れる美しい歌声が漂ってきた.おじいさんは私に対して、私は初めてこのようにきれいな音楽を耳にすることを耳にして、こんなにリズムがある.私は彼とはおじいさん、あなたに教えて、これはラジオを、私はそれをあなたにプレゼントして、寂しいと感じた時、それを出して聞いて、その中の音楽があなたに悩みを忘れ、忘れて孤独で、あなたが楽しくなりました、私もこのように感じる毎日楽しい.おじいさんは聞いて、しきりにうなずいて、言う:“良い方法!良い方法!」

私はこのように、私はラジオをおじいさんのときに、楽しみは彼に持ってきました.後、私にもよくお爺さんの家で、時には、おじいさんはベッドで、音楽に伴って、口を口ずさむ口ずさむの口元は、髭も歓楽に一上げ上げた;時には、おじいさんもベッドから、音楽のリズムに従って、歩いて、過去に行く…….