春、大地の回復、春景色のすばらしいさま,乳腺疾患、千紫万紅.午後、私と父、母と一緒に公園へ行って、凧を揚げます.会場にはたくさんの人が遊んで、スケートの、縄跳び、凧などを持っています.

少年宮の校庭で凧の多い人、彼らのたこ品種は多くて、小さいチャリンの、mの、ふわのなどがあります.彼らは春風に舞う、非常に美しい.その時、私は父に父、私もカイトを買いたいと思っています.お父さんはしばらく考えて、あれはいいでしょう!私たちは1匹を選びに行く.

p>と<お父さんは終わって、私はすぐ取り合ってお父さんの手露店で買いに1匹の可愛いドラえもんのたこと圏の長い色の線、私はドラえもんが可愛くて、この線は真っ白くて、だから買ってしまった.

pは飛ばし始め、カイトを手にして、ゆっくりと私のたこが空を飛びました.しかし、どのくらい飛ばずに、私のたこは天から落ちてきました.お父さんは歩いてきて、教えて、私に教えて、凧は糸を持って、そして1締め1に締めて、凧はゆっくり上空に飛ぶことができます.私は聞いた、少し頷く、そしてお父さんの言うとおりになりました.

ついに私たちの凧は上空を飛んで、空の中に1匹の楽しい鳥が飛ぶように飛ぶ,非常に美しいです.私は心もとても喜んで.

私は徐々に,太陽は落ちて、私もゆっくりラインを受け取って帰ってきました.こうして、私は自分のたこを持って家に帰って、しかし私の心はまだここを出ていない.

Pは、