読書私を伴って行作文

p本は、私たち生活においてはどこにでもあるものだ.古人は読書万巻を破る筆があるように、神は、本が貧乏人は豊かになり、成績遅れた人が上位に、一つの月夜の蟹が博学多才の人.

小さい時、私はたいへん読書が好きで、私はいつもあれらの稠密の字を読むことを読んで、友達と遊ぶことが好きです.しかしある日、両親は私一人一人で家にいます.蕩蕩の部屋を見て、心が冷たくて、私は非常に孤独、家で何をしているか知らない.突然、一冊は隅の童話の本は私の目に入って、私は思っています:どのみち今の事がないなら、いっそのことを見て憂さ晴らしを見て憂さ晴らしう.そこで私は童話の本を拾って、そっと上のほこりを撮影して、おだてて1ページの1ページの鑑賞をしていて.だんだん、私はその素晴らしいストーリーに惹かれたう美しい幻想の中で、流連荒亡;して「美しいの出に感じ何時も三月夜も月.面白い、素敵な童話、私は一度も繰り返し鑑賞しています.私はこの本を繰り返して、何度も繰り返して、まだ会意がまだ足りないと感じて、更に多くの知識を得たいと思っています.そこで、私は徹底的に1本を探して、私が忘れられて、隅の知識宝、そして興味津々に味わっている本の美しい感嘆して、作者の文章はそんなに立派;むさぼるように吸収している知識の栄養、褒めている本は精神の上の食糧.

" p "はその日から、私は自分の“誤った”の“落とし穴”の中に入って、ますます深くなるほど深く深く、抜け出すことができません.私の本箱にはたくさんの本世界名作を並べて、私は何度も新華書店を走って、本を買って私はいつも自分の小遣いを買って、私は毎回学友達、友達に借りて……私は1つの名は体を表すの小虫も増え、これと同時に、自分の知識を豊かにして私の多彩な課外の生活.

p>と<読書私を伴って行は、文字通り香りさせる本が私に付き添って成長して、私に付き添って人生の長い道に行く.本は私に知識を得させて、しかもまた私の身にする道理を教えて.たびに私の生活では、霧で迷った時、本は私の羅針盤、それは正しい方向へ導くのです;私の心に多大なダメージ時、本は私の一番の良薬で、それがゆっくりと私の傷を癒し、私を幸せに.

p> <信じてれれば、永遠に私に付き添って、永遠に私は最高の友達、私の成長が更にすばらしい!