キャンパスに花咲くところが少ないというところが少ないので、医務室の隣には,平日に自分が咲いた微笑を教えてくれそう、淡白が喧ない.幸せになるのは早いかというと、掉败の桜の木のように、結局は過去に属して、それはいつ,乳腺疾患、一秒の前にも過去.花咲く、春のぬくもりは感じない.

にかかわらず、どんなにゆっくりとゆっくりと、おなかがすいても、おなかがすいて、どんなに忙しくてもゆっくりとしている.空洞の一塊、冥滅.何かを探している、あの暖かい手;あの温もりのコート;ぬくもりの瞳は.

また何かを待って,1つのあたたかい手;1枚のあたたかい上衣;双あたたかい瞳.

だから、手は冷、手は寒くない、1つのホットミルクを握っていて、1杯の熱いミルクを握って、心はまだ寒くて痛みます.そこで、額は涼、着用1頂帽児、巻いてひとつのスカーフ、胸はまだ寒い窒息.そこで、横になって、をちぢめて、やっぱり寒い.そして、しゃがむ、双膝、または寒い.

pゼロ度、氷水の世界.冬は遠くから離れてないみたい、夏はかわくないはずだから.いいもの、カップはとても熱いもの、口腔から心臓に流し込みうとしていたものだ.もうそんなに寒くはないでしょうか.