バレエ、1つの感動の言葉.

バレエは上品な人の視聴覚の宴、精神貴族が享受する魂芸術だと思っていた.かつて現場のバレエを鑑賞機会があったこともあった.しかし、私は結局は素人で、彼らの世界に溶け込みできない.

たまたま、もう一度バレエに接する……

p>を見て<鼓動の音から彼らは繊細な足尖だし、素敵なリズムに優美な足取り軽くに向け,一週回り、一歩二歩.もし時間が静止して今、私は熟睡して100年.私は舞踊芸術に衝撃されたことはなかった.しかし、その瞬間、私は息を殺して、1分を逃して,1秒ごとに、1度のふみきる、1つのほほえみ、甚だしきに至っては1つのほほえみ、甚だしきに至っては1つの目つき……

突然、私は生きていると感じて、良いです……こんなに素敵なものがあるから.だとしても、元の美もそんなに多く定義、あんなに多くの枠に、あんなに多くの真実と虚無のトラブル.美しくて、本当にそう簡単にはどんな陽春の曲は通俗的文学も万人向きのまで、音楽途切れた時、人舌を巻く,乳腺疾患、語り継がれる.それは意味を込め人の茶飲み話.美、簡単で平凡な.ただ一段の時、私は振り返れば、依然としてそれの点々と少しずつ滴って、足はすでに!