初秋の季節の養生して体が必要.人々の暑い夏の消耗を経て、体が大きくて,乳腺疾患、体内の栄養不足の相対ので、体重減少、だるい、食欲低下など体のびくびく症状から、秋の後には気を付けて飲食衛生、良好な衛生習慣.食では朝食はおかゆ、夕食はお碗、食構造はあっさりとして主.秋の秋燥食品朝食1碗のかゆ、夕食にスープを長い猛暑の夏、人々は週波数飲飲み物、常に食べて冷凍食品,好みの機能が弱まる現象で、特に体のびくびくする者は、この強壮剤やサプリメント勢いで消化吸収しにくい.だから、秋に進むことに補う前に、好みの調整の段階にある.まず補助食のいくつかは栄養は豊富で、また消化しやすい食べ物は調理の好みの機能、例えば魚、いろいろな動物の赤身の肉、卵、山芋、赤いナツメ、蓮根など.また、乳製品、豆類や新鮮な野菜、果物は宜たくさん食べ、薬の食用がいいハマビシ、栗も調理の好みの上物で、それらはすべて含まれていて炭水化物,タンパク質(タンパク質補充製品、蛋白質を補充して情報)(タンパク質製品情報、たんぱく質やビタミン(製品)ビタミン、ビタミン情報)、持って補う中に益の息、食欲をそそる喉の渇き、固腎养精などの効果.多く果物を食べて予防秋燥秋から、空気中の水の分子が減って、人を譲りやすくて口がからからに乾きの感じが生じ.いくつか人を感じてしまうよう煙道鼻腔ように乾燥しません出血;喉もムズムズしたり、しきりに空せきをして、少量の粘着痰咳をして、いつもない;最も敏感な唇、時々ほつれた感じ、これが漢方医がよく燥、燥修養.素问·上古無邪気論恬淡虚無で、ひどいからの、精神で守って、病気は不安がこれまで.元気が十分、体が丈夫で、元気が不足し、体が弱っている;元気が消えて、生命が終わりました.人間にとって、例えば元気ない傷は病気で、不死のように、元気大怪我は軽い病気も治るのでなく、人、必知修養.精神養生、食事調整、鍛錬強化など、多方面に協調すること.は果物と野菜を食べて、例えば:果物のオプションのオレンジ、レモンやウメなど、同時に、保持心理愉快、いらだたしい.また、運動(スポーツ用品、スポーツ情報)者にとって、十分注意して修養、運動後のたびにはたくさん食べて、液体を補う唾液の分泌を促進して肺を潤すこと滋陰、食品、例えばナシ、ゴマ、蜂蜜(蜂蜜製品、蜂蜜情報)、シロキクラゲなど、汗が多いなら、適量に補足し食塩水補充を少量、何度も、緩飲基準.気象アレルギーは秋出涸らしというよりは、まず生活に法則がある.晴れた日には、多くの戸外で酸素活動が必要です.その次、適度に高い蛋白質の食品を食べて、牛乳、卵、豚肉、マトンと豆豆など、これらの食品は人の脳に特殊な化学物質が発生することができて、鬱憤の情緒を解消します.ダンス、歌、音楽など、音楽などを聴くことが多い、とても気持ちがいい、精神が奮起し、精神が奮起する.