アーカイブ:

12月, 2016

女性は冷水で入浴しやすく、乳腺疾患婦人病を誘発しやすい

たくさんの人は冷水入浴を洗うのは健康に有益で、多くの女性の友達もこの列に参加して、そして1年四季堅持することを堅持します.殊、冷水風呂は女性にとって、婦人科疾患につけという上体が入って来て、上体!

女性が風呂に入って、注意事項

に注意して

洗シャワーが水温過小、人体が寒くて、一連のストレスなどが生じ、動悸が速く,乳腺疾患、血圧が高くなる、筋肉の収縮神経緊張しないばかりか、など、疲労を取り除いて、かぜをひきやすい、極力避け.女性はその特殊な生理のため、特に月経期で、授乳中の方は、妊娠中の女性の友人は、水のように刺激は女性の内分泌、閉経、腹痛、そして多くの細菌も入って腟による膣炎などの婦人科疾患、深刻な女性から妊娠、生理健康にも一定の影響がある.

Pは、体の弱い女性の友達に対して、更に冷水で入浴して、さもなくば本来抵抗力が劣る、寒い刺激、風邪、発熱などの疾病を誘発することができます.しかし、長期にわたり冷水で顔を洗います、血液循環を促進し、風邪や鼻炎の作用を予防し、皮膚の光沢がさらに弾力になります.

のポイント:女性の月経期のお風呂に入ってもいいですか.

tips1、この問題に答えはどういう方法入浴.現在は,シャワーを採用してシャワーを浴びているということですが.月経期の子宮内膜が抜け落ち、宮なまりが殘る創面;子宮頸粘液月経脱出され、子宮口がかすかに開放、膣内が月経にとどまり、細菌の良好な培地.以上、生殖道局部の保護性障壁作用が一時は破壊され、もう少し月経期の全身の抵抗力が低下し、お風呂の時、汚水,膣の中の細菌が経子宮頸管上りから宮なまりで感染を起こし、故に禁止すべきだ.

tips2、似て月経期の場合のような役人口調手術、流産と出産などで、近いうちにもお風呂は禁止.

乳癌の症状と治療

乳癌とは
乳癌とは、乳房組織に発生する癌腫です。乳がんの場合、がん細胞は比較的小さい時期から乳腺組織からこぼれ落ち、リンパや血液の流れに乗って乳腺から離れた臓器に小さな転移巣をかたちづくると考えられています。近年以来、食生活の欧米化によって乳がん患者も増えています。

乳癌の症状
乳癌の症状について、乳癌の自覚症状がある女性は年齢に関係なく、病院・診療所などの医療機関を受診してください。自覚症状として一番多いのは、乳房のしこり、乳頭からの分泌液、乳房の痛みなどです。90%以上は痛みを伴わない乳房腫瘤です。患者さんは自分で腫瘤を触れることができます。また一部の乳がんでは乳頭からの分泌物を症状とすることがあります。乳がんによる乳頭分泌物は血液が混じったものが多い傾向にあります。その他、乳頭や乳輪の湿疹様のただれを症状とするものもあります。

乳癌の治療
乳癌の治療は、乳癌手術、放射線療法、薬物療法の中から、個々の患者さんの状態に合ったものを選び、組み合わせて行います。治療法を選択するにあたって、医師は、乳がんの病期(進行度合い)はどの程度か(非浸潤がんか浸潤がんか、がんの大きさはどれくらいか、リンパ節転移はあるか)や、どのようなサブタイプ(がん細胞の性質)かなど、個々の乳がんについてさまざまな情報を収集します。こうした情報にもとづいて、患者さんと相談しながら、最も適した治療内容が決定されます。

乳癌の治療の基本は「手術(外科療法)」で、ステージⅠ期~Ⅲ期の乳がんの場合は必ず手術に必要になります。遠隔転移(Ⅳ期)の場合も、手術が行われることがあります。手術では、乳房にできた「がん」「がん組織を含めた周りの正常組織」を同時に切除します。

最近のコメント