赤いナツメのクコ豆乳.45グラムの大豆のきな粉6―12時間、15グラムは核の赤いナツメの洗浄、10グラムのクコを洗います、いっしょに豆乳機に入って、また水を入れてから炊けます.補益の息が、虚を鎮めて腎臓、心筋栄養改善効果があって、心臓血管の疾病の患者に飲む.赤いナツメ補益の息、クコ豆乳が虚を鎮めて腎臓、心筋栄養改善効果があって、心臓血管の疾病の患者に飲む.豆乳は欧米で植物乳の名誉を有し、人体に必要な植物卵白とフォスファチド、ビタミンB 1、ビタミンB 2、ニコチン酸、鉄、カルシウムなどの栄養素が含まれます.そのため,乳腺疾患、豆乳も我が国の栄養学者に推薦されて高脂血症、高血圧、動脈硬化などの疾病の理想食品に推薦することを推薦します.は、乳糖不寛容でない人や糖尿病の患者にとってミルクを含まない、乳糖の新鮮な豆乳より理想的な選択肢.新鮮な豆乳は四季を通して飲むことができる.春秋飲む豆乳滋陰潤、乾燥调和阴阳;夏飲む豆乳、消熱暑さを防ぐ、唾液の分泌を促進して渇きをいやします;冬豆乳を飲み、冬暖かい胃に栄養を進むことに補う.実は、伝統的な黄色豆乳の外、豆乳はたくさんの柄、ナツメ、クコ、リョクトウ、百合などはすべて豆乳の材料になります.みんなでやってみてください、寒い冬の冬は家族に1杯、そしておいしい栄養の豆乳を、暖かく、そして思いやりです.美顔ゴマ黒豆乳.10グラムのピーナッツと80グラムの黒豆を浸して浸す後、更に黒ゴマと一緒にのりになり、煮てもいいです.同豆乳は非常に女性向きの飲酒は、黒い髪養毛、皮膚を滑らかにする美顔、肝臓の腎臓、血を通乳の役割.長寿5豆豆乳.ダイズ、黒豆、靑豆,
ed治療薬,エンドウ豆を押し、ピーナッツ五種さん:いち∶いち∶いち∶いちの割合がいい、液体に浸してろく―じゅうに時間後にきれいに洗って、適量の清水と一緒に煮て攪拌して飲む.この豆乳多種の栄養の成分を下げることができて、長期にわたり飲む人体コレステロール、高血圧、高血脂、心臓病、動脈硬化症、糖尿病などに一定の食療の作用を持って、平肝臓の腎臓を補って、老後に備える抗ガン、脂肪を減らす血糖降下、増強免疫などの作用をして、とても適し中高年飲料.赤いナツメのクコ豆乳.45グラムの大豆のきな粉6―12時間、15グラムは核の赤いナツメの洗浄、10グラムのクコを洗います、いっしょに豆乳機に入って、また水を入れてから炊けます.補益の息が、虚を鎮めて腎臓,心筋栄養改善効果があって、心臓血管の疾病の患者に飲む.ピーナッツ豆乳.ダイズのからやピーナッツで作られ、益の息、肺を潤すことを持つ補血滋陰の役割は、適用体虚やせ、病み上がりの人.