男は女より短命?これは呪いじゃない.男の強がり、アグレッシブで性格、基礎代謝が高いの生理的特徴と社会の圧力は女性より高い;男性性染色体はXY、存在X染色体に免疫調節遺伝子未満性染色体はXXの女性、修復補正機能も差が女性なので、寿命が短い女性.私の国、20世紀70年代の男性は女性の寿命が少なくて1年、80年代の少なく2年、90年代は4年少なくなり、21世紀に入ってから5年も少なくなりました.男はどのように寿命を延ばす?科学のアドバイスを見てみましょう!

1この泣きなら泣く

を提案して1男は泣かないで泣きなさい」!泣いても鬱憤、女性は寿命が長いと思われる重要な原因と考えています.アメリカ心理健康健康報道、情緒うつ病時にはエピネフリン、苦痛ホルモンと呼ばれ、とぼとぼとぼとぼ,寿命を減らすことができる.苦しいホルモンは汗と涙を通じて尿を排出することができる.そのため気分が気になる時、多く運動をして、体に汗をかいたり泣き崩れして1場、苦痛ホルモンを体外に排出することができます.

2、単身漢

を提案することを提案して、2Pは、既婚男性より短命という研究がありますが、独身男性は既婚男性より短命に.アメリカ『疫学・公共衛生』誌に発表したこの研究によると、アメリカ1989年~1997年の戸籍調査資料や死亡記録,乳腺疾患、サンプリング調査した6 . 7万人の男女が、その結果、じゅうく~44歳の未婚男性ごじゅう歳後死亡確率既婚者より高い58%、やもめ暮らし者も既婚者より早死に40%に達し.未婚男性の短命の確率は最高の確率は最高です.

男性と既婚男性と生活習慣上の違い:未婚男性全体にとっては喫煙、酔っぱらうの習慣が深刻、孤独感があるということです.社会の隔離と社会の分離が大いに1人の短命の確率を高めることができます.

3分の一を提案して

提案してフィンランドは研究者が発見し、生活に満足感が強い男性はもっと長く寿命を持ちやすいという研究者が発見した.

研究者らによると、女性のほうが、スポーツの鍛煉や他人に訴えて問題解決の方法を探して、あれらの生活に満足しない男性が酒は憂いの玉箒や喫煙を通じて、圧力を緩和して、これらはすべて深刻な健康を害する.研究によると、生活に満足してないのが男性と満足男性に比べて、前者の様々な原因で死亡する確率が高い2倍、そして前者は後者は病の確率で3倍、また,それらのアルコール依存症の悪習の男性が死亡のリスクが高い.